風に吹かれて~誰のためでもない人生の記録~

つまづきながらも、楽しく生きているアラフィフの人生を日々記録したブログです。今、少し悲しいとか、辛いとか、思っている人に、少しでも笑顔になってもらえますように。

「つがい」は美しいのか?

離婚してからよく考える。

どうして人間はカップリングを美しいと信じているんだろうと。

 

子どもを産み育てるという機能のほかに

何があるんだろう。

 

婚活を仕事にしている人たちは

「どうしたら異性に好かれるか」を必死に考えてる。

または「相手の親族に好かれるには」とかね。

 

だけど、見てよ。

結婚している人たち全員、どうよ?

 

自立して性格も良くて、思いやりのある人は

たいがい独身かもよ。

 

人は、未熟だから一緒に居たがる。

私はそう思う。

若くて結婚するのはそのためだ。

 

お互いにそういう経験も積むだけの話。

いい人だから結婚できるわけじゃない。

寂しいから、未熟だから、ひとりでいられないから。

そういう気持ちで結婚する人はたくさんいたし、これからもいると思う。

 

だから、一度結婚してしまえば

自分を磨くこともなく、自分の未熟さに向き合って必死になることもなく

ふわっとしたまま年齢を重ねてる女性も多い。

子どもが生まれたらそのまま毒母にもなる。

 

独身を恥じることはないし

結婚を鼻にかける必要もない。

どちらも同じ人間です。

 

つがいでいないと恥ずかしく思わされる社会って変ね。

 

源氏物語を読んでも、たくさんの女性と男性が出会うけど

一緒に住んでラブラブしてないし

なんていうか集団を作っていないと自分たちが生きられないからっていう理由で

一緒にいたんじゃないかなあと思わされる。

 

全然ロマンチックでもないし、尊いわけでもないんじゃない?

 

ただ子孫を残していくだけで。

 

江戸時代が好きな人も多いみたいだけど

その時代だって好きな人と一緒に生きられる人なんてごくわずかだっただろうし。

悲恋のほうが多くて、だからそれが良かったんじゃないかな、物語として。

 

「家」というものが、今よりずっと大事な時代には

恋愛はまったく遊びだったと思う。

いつの間にか、「家を保っていく」ことと「恋愛」がごっちゃになって

おかしな価値観が出来上がった気がします。

 

家を保つために男と女が共に頑張ることと

お互いを愛して一緒にいることは

全然違うことですよ。

 

だから、別に「家」に縛られない人たちが

カップリングする理由は何もない。

それが美しいってこともない。

そのような感情を味わうのはたまらなくいいもんだけど、それだけですよ。

 

自分の人生に何が必要か、それを他人に決められることはないです。

 

たった一度の人生で何がしたいか。何を味わいたいか。

それは自分にしかわからない。

でしょ?

 

「つがい」を美しいと見えるのは、その人がそういう価値観でモノを見ているからです。

 

物差しを変えれば見る景色は変わる。

 

f:id:pikake-jasumin:20200923092208j:plain

 

見て学ぶこと

三日月がきれいな夜です。

 

つくづく、自分の人生は自分で作るものだと思っています。

わたしは、若い頃は遊ばなかったし、バイトもさせてもらえませんでした。

親が厳しいお嬢様でした。

 

だから、大学を卒業して仕事を探した時

何をしていいかわからず、人のつながりで試験を受けて公務員になりました。

 

それから色々あって、転職を繰り返して今があります。

 

大人になって気づいたことは

親が自営業だった人は、自営業をすることに抵抗がないことでした。

親の仕事のやり方を見て、子どもは育ちます。

わたしは、公務員にしかなれないのかなあと思ったものです。

 

母親は専業主婦でしたし、キラキラした起業女子たちを見ると

羨ましくてたまらなかったものです。

 

けれど、わたしは、私のやり方で、自分に身に着けたことがありました。

 

それが「見て学ぶ」です。

親がどうだろうが、バイトをしたことがなかろうが

私には小説とドラマというお手本が周りにありました。

 

人は、憧れているものを真似するものです。

いいなあと思いながらドラマを見ていると

その主人公の仕草を観察しているんですよね。

 

そして、何度も頭の中で再生する。

そのうちに、自分がその行動をする時がやってくる。

 

私の育ちの中に、接客業をする親族は一人もいなかったですし

どちらかというと、閉鎖的な親で、家族ぐるみの友達すらいなかったです。

 

それでもわたしは、子どもを保育園に入れて、たくさんの知り合いを作りました。

なぜだかわからないけど、常に親戚以外の人たちと関わっていました。

 

そのおかげで、私の世界は広がり、若い頃には恥ずかしくてできなかったことも

できるようになりました。

子どもが大きくなって仕事をし始めてからも

お手本になるような上司に出会ったこともあります。

こんな風に仕事したい、こんな雰囲気の人になりたいと。

 

その積み重ねが今の私を創っているような気がします。

 

もし私が「家族が一番」「お母さんみたいになりたい」と思っていたら

どこにも働きに出られなかったし、かっこいい風な女性にもなろうとしなかったでしょう。

 

よく「金持ちになりたければ、金持ちと友達になること」と言われますけど

わざわざそんなことをしなくたって、

映画やドラマから金持ちの振る舞いを学ぶことは可能だし

自分が金持ち風を演じていれば、そっちに人生が引っ張られることもあるんじゃないかなあ。

 

想像力と観察力があれば。

 

どろどろのシャツとジーンズで山にいた大学生の私のイメージしかない人もいるけれど

そのイメージを固定するもしないも、自分次第なんだと思います。

 

せっかく素敵な振る舞いを学ぶ場所に来ても

恥かしがってちゃもったいない。

 

人は育ちで固定されるんじゃない。

自分自身への期待と情熱があれば、どうにでもなれるのかもしれませんよ。

 

こんな時代だからこそ、夢を見ようよ。こんなもんだと思わずに。

 

f:id:pikake-jasumin:20201020212022j:plain

大好きな大阪駅

サービスを受ける側に慣れてきた

急に寒くなって、気持ちが沈んだりしてませんか。

わたしは、しました。

気温が体調に与える影響はけっこうありますね。

昔みたいに我慢しないので復活も早いですが。

 

さて。

 

わたしは長女だったので、なんでも「する側」でした。

家族のお誕生日の企画とか、誰かの話を聞くとか。

そもそも誰かを驚かせたり喜ばせるのも好きな方なので

別にそれがとても苦しいとは思わなかったんですけど

たまには誰かのサービスに乗ってみたいという気持ちはずっと

ありました。

 

結婚してからも、元夫は末っ子だから「企画する」という考えそのものがなくて

やっぱり私が率先して行事を取り仕切ったりしていました。

 

一生このままなのかなあと思いつつも

そういう役割から降りたくて、色々辞めてみたりしたのが

離婚してからの変化です。

 

けれど、職場やそういう場面になると、まあ、やっちゃうわね。

世話する側が得意なのは事実だし。

 

そうしているうちに、いつの間にか、私も誰かのサービスに乗れることが増えました。

私が話を聞くのと同じ感覚で、私の話を聞いてくれる人が現れたり

私にサービスをしてくれる人が現れたり。

 

楽ですよね~ほんとに。

私は「何かをしてくれてる人」の気持ちがわかる(どれだけの労力を使ってくれてるかもわかる)ので、そういう時は感謝しかありません。

相手の気遣いが心に沁みる。

 

先日も、たまたま私の話を根気強く聞いてくださる人に当たって

これまでの疑問を解消できたことがありました。

今までわたしの気持ちを「理解しようとして」聴いてくれた人はそうそういなかったので(理屈でやり込めようとしたり、感情で私を言い負かそうとしたり、否定するようなことを言ったりされてました)

話を聞く技術というのは、努力だけでなく、先天性のものもあるのかなと感じます。

 

何より、私の方も「わかってくれる人が必ずいる」と信じられるようになったこともあるのかな。

 

そして、何より、複数の居場所を持つことが大事だと思いますよ。

 

昔の男性が飲み屋で話を聞いてもらうみたいに

私は、鍼灸で話を聞いてもらったりしてます(笑)

目的は身体のメンテだけど、そこで話せることもあるから。

 

習い事でもなんでもいいので

家族や友人以外で自分の話をする場所をいくつか持っておくと

精神的にとてもいいですよ。

 

若い人には、「自分の話をする練習」をすることをお勧めするかな。

わたしは悩み事が多かったために、誰かに自分の話をする機会が人よりも多くありました。

こうして文章にしてきたこともありますし。

 

そのおかげで、誰にでも「言っていい範囲」で自分のことを話せるようになりました。

それができないままにアラフォーになると、話題が「あの人」「電車で見かける人」などの「他人を観察した話」しかできなくなります。

それってつまんないですよね。

聞いてても。

 

あなたの考えはどこに?って思うし

誰かの話で盛り上がれるのは、結局「噂話好き」の人たちだけですから

友達も限定されます。

 

「自分」という輪郭が薄い人は

とかく誰かを否定する話をしがちです。

自分以外を話題にするのに、褒めることは少ないからです。

 

いいことより、悪いことを話題にして盛り上がろうとする傾向があります。

 

自分の主義主張で何かを批判するのは、私はいいと思ってるし

そういう話を一緒にするのは好きだけど

例えば「芸能人がこう言ってたから私もそう思う」みたいな、自分より誰かの主義主張を持ってきて誰かを批判するのは嫌なんですよね。

 

私は今、こんなことを考えていて、こんなことをやっていて、これが好きで、これが嫌いで。。。

ちゃんとそれが表に現れたら、自分がして欲しいように助けてもらえるみたい。

 

長い訓練だったけど

「わたし」がやっとこの世界に現れてよかった。

 

この世にたったひとりの「わたし」

大事にしよう。

 

f:id:pikake-jasumin:20201005205733j:plain

この本、良かったですよ。

人生って!

きんもくせいのかおり。

秋です。

 

新しい環境に飛び込んで半月経ちました。

どれだけの初めてを生きていくんだろう。

新しい環境は新しい私を連れてくる。

 

小さな頭脳で描こうとしていた未来をあっさり裏切って

全然違うステージにいます。

 

これまでの自分を試されている気もして。

 

若い頃は苦手だった分野。新卒の自分なら間違いなく避ける仕事。

そういうものにチャレンジできているということは

親の呪いも減ったのだということ。

色々なものが取れて流れて行ったのかも。

 

年齢を経てわかることかもしれないけれど。

性格を変えたほうがいいとか、自分を変えようとしないからダメだとか

そういう意見に惑わされないほうがいいと思う。

 

世の中には、傷つけてくる人はたくさんいるし

傷つくこともたくさんある。

それでも、それは、自分を否定する理由にはならない。

 

傷つくのは自分がこうだから。

傷つけられるのは自分が悪いから。

そんな風に自分を責めなくていいって。

 

傷つく自分もかわいい。

傷つける人とは距離を置けばいい。

 

わざわざ自らを傷つける理由にすり替えなくていい。

 

この無職の半年の間、私がとことん試したのは

自分を責めない一日を作ることでした。

か~な~り~私にはハードルが高かったけど

やってみるととてもいい感じになりましたよ。

 

他人の声を借りて自分を責めちゃうのをやめる。

昔自分を責めた人を頭の中から追い出す。

 

世界が変わると思う。

 

若い頃は、大人の言うことはある程度正しいかもしれないと思っていたけど

実は、その人が単に皮肉屋だったり

否定的なことしか言えない人だったり

それだけのことだったってこともわかる。

 

自分の人生が満足していないのか知らないケド

目の前の相手を肯定できない年配の人がけっこう多い。

 

それは年の功でも何でもなくて、ただ自分の不満を若い人にぶつけてしまうだけなのね。

 

だから、とことん自分を貫いていけばいいと思う。

 

暇があれば「GOOD WIFE」っていうアメリカのドラマを見ているけれど

まあ、言葉の応酬とセックスと暴力とお金が出てくる出てくる。

盛りだくさん過ぎてついていくのが大変だけど

情に訴えないところが好きです。

 

弁護士のドラマで、日々誰かとの闘い。

元上司や元恋人ともやりあったりしてるけど

メンタルをやられている暇もないって感じ。

騙したり騙されたり、それでも泣き言なしで、日々必死で生きてる。

 

このドラマに勇気づけられてる。

 

人間って日々感情が動くものだということがよくわかるし

一度嫌われたからって、それが一生続くわけじゃないことも学べる。

日本人は、お互いに感情を固定しあいたがるけど

それがそもそも息苦しいので。

常に気持ちも何もかもが流れていくものだから

今日何かあったって明日はまた変わるってことを信じられたら

生きていける気がするよ。

 

「今はたまたまこうなってるだけ」ということが理解できれば

未来を思い悩むことはない。

そして、未来に希望を描くこともできるようになる。

「夫(彼)の気持ちをずっと自分に留めておきたい」なんて無理だから(笑)

それは、自分も相手も努力して「お互いの気持ちが昔と同じように見える」ようにしなきゃね。

 

何かを固定して安心したがる癖があるのが日本人だとしたら。

もっともっと流動的な時間を、波に乗るような人生を、ドラマで学ぶのもひとつかもしれないです。

 

人間は止まらない、死ぬまで。

 

だから人生は面白い。

 

f:id:pikake-jasumin:20200928181048j:plain

 

 

 

 

 

あれも占いこれも占い

台風の影響少なくて良かったですね~。

ちょっと晴れてきたし!

 

スーツで出勤するようになって思ったことは

そういう会社で出世しようとすれば

スーツにかかる衣服の世話を誰かに任せなきゃ無理なんじゃないかってことです。

お金も時間もかかるんだよ、スーツ。

 

日本の会社は、専業主婦あっての男が働きやすいようになってる。

コロナで在宅ワークが増えるのはいいことだと思う、そういう意味では。

そして、独身で、母親や恋人に頼らず、スーツで、食事もよく考えて働いてる男がいたら尊敬する。(一人知ってるケド)

そして、それが普通にならなければ、女性の社会進出なんて男は思えないだろうと思う。

 

だって、自分ひとりで服や靴やカバンの世話する時間も取れないんだよ?

女性は、男に服や靴の世話してもらわないじゃん。基本的に。

 

社会の仕組みががっつり「専業主婦カモン」だからな。それやめていかないと。

 

さて。

 

夢を見た。

隠していたものが見つかる夢だ。

まるで推理小説のように、事件の謎が解けるという筋書きだった。

いつも目にしている本棚に隠してあった。

 

昨日、ある場所に、知り合ったタロット占い師を訪ねていたらいなくて

そこに四柱推命のご婦人が座っていらっしゃった。

タロットの方がどこへ行かれたか知りたくて、ついでに占ってもらおうかと思って座ったのだけど

失敗だった(のかどうかはこれからわかるけど)。

 

私がタロットのほうが好きなのは、タロットは自分の深層心理に近づいてくれるからであって、四柱推命のような本を片手に、生年月日で「あなたの運勢はこうです」と教えるようなものではないからです。

 

自分を自分で知るためのツールがタロットだと私は思っていて

生年月日で性格やら運命やらが決まっているかのように「告げるだけ」

のものが占いなのかどうかという問題に

私はぶち当たったのでした。

 

そもそも、「あなたの性格はこうで、あなたの今年の運勢はこうで」って言うだけなら、本を買って調べるだけで済むし、運勢の読み方はその人の思考に左右される。

私に向いていないというか、私なら違う言い方をするなあと思いつつ

否定的な言葉しか使わない(いやホンマに)その占い師に不信感を抱きつつ家に帰ったのでした。

 

それで、気持ちが落ち着かないもんだから

他の人を当たってみたのです。

そしたら、ここ数年聞きたかったことの答えがわかって

目からうろこが落ちまくりでした。

 

私が求めている占いはこっちだよ!と思ったのでした。

 

皮肉しか言わない占いおばさんと、目から鱗のヒーリングまでしてくれる占い師とのこのギャップ。同じ占いと名がついても全く別物。

誰に遭うかで占いの印象すら変わりますよね。

 

 

そして、夢を見たのです。

探し物が見つかる夢を。

 

それはとても象徴的な夢でした。

 

自分の謎をひとつ解くたびに、人生の扉が開かれる。

誰かに助けてもらいながら、新しい道を歩くのです。

 

f:id:pikake-jasumin:20201005205636j:plain

 

 

 

 

 

視野を広げる練習を

新しいことを学ぶのは楽しいですね。

 

10月に入って勉強三昧です。

全くこれまでの人生にないことをするのは刺激になります。

人生も後半になってくると

みなさん、自分の今までの経験で何とかしようとするけれど

これまで積み上げてきた自分を試す意味でも

新しい環境に身を置くのはよさそう。

 

 

さて。

 

大きな言葉を使いたがる人の

小さな脳。

ひとつひとつ取り払っていきませんか。

 

まだまだ「怒り」=ネガティブ、人を傷つけることと

思い込んでいる方も多いようですが。

私が目にした、視野の広い方がおっしゃるには

日本には怒りはないと。

羨み、やっかみ、妬み嫉みはあっても怒りはない。

 

なるほど~~~と思ったのです。

私の場合妬みは怒りにならない。私の場合ですけど。

 

妬まれてるのに怒られてると思う人はいそう。嫌がらせを怒りと思ってる人もいそう。

 

本来の怒りって、人を傷つけるかしら。

 

おこる、と、いかり、は同じ漢字を使うけど違う気がするのです。

いかりまで封印されちゃって、生きる力も削がれてるし、壊したほうがいいことも壊せない。

 

壊さないと新しい時代は来ないよ。

 

それからもうひとつ。

 

(ふたつに別けるべきかと思ったけど、今日書かなきゃ忘れるw)

 

洗脳と依存ね。

依存するなとわめいてる人をTwitterでたまに見かけてブロックするのですが

なぜ依存されたくないか、の理由が

もしかして、洗脳したいからでは?と急に。

 

洗脳は、「自分から進んで洗脳されてくれる」ことが必要だから

依存されたら困るでしょう。

 

人のせいばかりにする人を洗脳することはできない。

 

洗脳されてる人って「自分で決めました」って言うもの。

 

これ、すごいからくりだと思いませんか?

依存するなと喚く人が増えたころから、洗脳も増えてる。

オンラインセミナーだとかネトウヨだとか、「自分の頭でそっちに行きました、依存じゃありません」的な。

 

どっちがいいのかなあ。

 

わたしは、依存する先をいっぱい持ってる人だけど洗脳はされないんで✋

 

自分の価値を上げたい人は、「依存じゃなくて好きでわたしのところに来てくれたのよね」という信者が必要だから。納得。

 

学校教や結婚教やカップル教家族教の信者たちは

洗脳されてるけど、自立してると思ってるみたい。

 

絶対にその考え方の外に出ないのに、自立してるつもりなんだって。

 

それはそれで幸せなのでしょうね。

幸せって人それぞれだから。

 

でももう私は騙されない。

 

適度な依存先をいっぱい持ってる方が楽しいよ(#^^#)

 

私の夢、会う人みんな友達計画叶うかも。

 

f:id:pikake-jasumin:20201005205533j:plain

ショッピングセンターの屋上から満月。

気持ちを話せない人が周りを混乱させる

急に寒くなりました。

 

女性は占いで何を相談するかというと

「彼の気持ちがわからない」です。

それがたぶん、トップです。

 

私なりにわかりました。

彼らは幼い頃から、自分の気持ちを話さない訓練を受けている。

 

そして勝手に想像と期待をして周りを振り回しているのです。

 

自覚がないのがややこしい。

 

どうしていのか、相手とどうなりたいのかを言語化できないのです。

だから、女性たちは困っている。

けれど男性同士の付き合いに、言語は必要ありません。

そういう世界を創り上げたのですから。

しゃべらなくても通じる世界がお好み。

特に日本人男性社会は。

 

言語化しないほうが有利な世界を好み

感情を言葉にする訓練を怠った彼らは

女性と感情の交流ができなくなっている。

 

女性に「察して欲しい」という期待だけを残して。

 

誰も宇宙人ではないし、エスパーでもないのだから

思考を読むのは不可能です。

そして、男性は、女性の思考を「読むことすらしない」

ただ「自分の考えをわかってくれる人と付き合いたい」のです。

黙っていても。

 

だから、女性は悩む。

当たり前です。

悩まないほうがおかしい。

おかしくならないほうがおかしい。

 

相手と言葉で交流しなくてもいい家庭をつくりたい=相手のことなどどうでもいい

ということになりますよね。

 

「俺の思いやりは相手に伝わっているはずだ」と思い込み

相手に聞かずにやってしまう。

とにかく会話ができない。

それで結婚生活が破たんしたり、女性と揉めたり、モテなかったり。

 

感情を言葉にするのは訓練です。

痛い、苦しい、怒ってる、しんどい。

そしてなぜそうなのか。

相手にわかるように伝えるのは、簡単ではありません。

 

また、女性との付き合いが苦手な人がやりがちなのが

「いいか悪いかの感想を言わない」ということです。

自分を守りたいのか何かわかりませんが

デートしたあと「良かったよ」「また会いたい」か、

「ちょっと合わない気がする」「今度は一週間後かな」という提案すらしない人が多いですよね。

 

LINEを既読スルーにしたり、連絡を遅らせたり、

相手に察してもらいたい行動をするか

または、何もなかったかのように振る舞っています。

 

それで伝わると思ってる。

 

もしこれが、仕事の関係者だったらどうでしょうか。

約束はきちんとするでしょうし、食事の後は「楽しかったです、ありがとうございます」とお礼の言葉をメールするでしょうね。

それと同じことを、女性になぜできないのでしょうか。

 

大切にしたいと思えばそうするでしょうし

相手と綺麗に別れたいのなら、なおさら、きちんと言葉にするべきです。

 

占いにすがる女性たちが後を絶たないのは、言葉でコミュニケーションしない男が原因でもあるのだと私は思います。

 

ちゃんと言えよ。

 

続けるにしろ、やめるにしろ。

 

話はそれからだ。

 

占い師は男が不器用でいてくれる方が儲かるかもしれないケド。

 

f:id:pikake-jasumin:20200928181159j:plain

縁結びの神社で。