青い鳥を探して

お話、聞きます。

みっともなくていい

こんばんは

 

あまりに寒かったので、家に帰って一時間、コートを脱がなかったです。

着たままテレビを見ておやつを食べてました。

 

イチロー選手の引退試合を偶然テレビをつけたら観てしまいまして

改めてイチロー選手の面白さが見えてきたところです。

インタビューを一部だけ見ましたけれど

「人望がないので監督はできない」と自分でおっしゃってたのが印象に残りました。

わかる~~~~イチローは野球が好きであそこまで行った人。

チームのためとか、仲良くなってうまくやるだとか、そういうことで生きてきた人ではないんだなあ。うまく書けないけど、アスリートなんだと思いました。

野球を哲学にして生きてこられた人だと私は思いましたよ。

 

そしてそして~。

 

今日は社交ダンスのレッスンでした。

何度もやめようと思うぐらい、コンプレックスを突き付けられるきつい場所。

先生とのレッスンはいいけれど

そこそこダンスの上手な人たちも続々と来られるし

場所が場所だけに、きれいなお姉さんたち(年齢問わず)がセレブっぽく、また、ダンスの衣装を着て踊ってる。

私はいつも、仕事帰りで、一応スカートを履くけど、そんな薄着をして仕事できない上に、着替えを入れる荷物など持てない。

 

そんなわけで、行くだけで凹みます。

 

踊っている時は楽しいからと思って続けていたのです。

 

しかし、今日なんとなくわかっちゃったね。

わたしはこれを越えたいと思ってるって。

すごくみっともない姿を晒してる。若い頃なら二度とやらないと思う。

それでもいいのだと思ってやってるんだなあ・・・。

 

どう見られるかなんてもはや問題ではなくて

本当に自分だけのためにレッスンしてる気がする。

 

そして、やっぱり行動と心の癖はリンクしていて

先生から「ダンスを通じて(おっちょこちょいの部分・・・とは誰も言ってないけどね)何が起こっても落ち着いていられることを目指しましょう」と言われ、

「ば、ばれてる・・・」と驚愕。

 

ちょっとした動きに心の癖がばっちり現れてるのね。

 

それは、認知行動療法を知った時、そして、アレクサンダーテクニークのレッスンをした時からわかってたことだけど

心の癖を心で治すよりも、こうして、動きで「可視化して」「楽しく」変えていけたら何より自分が楽ですよ。

 

自分を責めなくて済みます。

 

「相手に任せる」「相手の視野から消えない」「エネルギーを感じて動く」

「フォローはしても、相手にすべてを合わせない」

等々

恋愛にも効くアドバイスを毎回いただきます。

 

レッスンは、閉鎖空間ではなく、次のレッスンを待つ人や、グループレッスンだけ受けに来る人などがたくさん集まってきていて、まさに公開レッスンなんですよ。

恥かしいとか言ってられない。

とても鍛えられています。

自分自身に集中することに必死にならないとやってられない。

 

「人の目がありながら、人の目を気にしない」というメンタルが必須です。

 

みっともないとか、言ってられないの。

何でもいいから踊るの。

それしかないの。

 

なぜなら、自分のために踊ってるから。

誰かに評価されるためじゃない。綺麗と言ってもらうためでもない。

そこがブレなければ大丈夫。

人生、すべて同じだ思ったことでした。

 

「ありのままのカッコ悪い自分」を他者に晒し続けて「それでもいい」と思えるように。だってさ、みんな、どこかしらカッコつけてるんだよね。得意なとこだけで生きてるよね。

私は、今やっと、みっともない自分と出会い、向き合えるようになった。

それはとても愛しいこと。

それでも否定されないし、向上する部分も間違いなくあるし。

 

過去の自分を抱きしめてあげられるのは、こうして、自分が嫌いだった自分に出会えるよう動いたから。出会える自分になることだと思う。行動だけが自分を救う。

 

明日は不登校カフェです。

 

f:id:pikake-jasumin:20190315230440j:plain